自分の心、閉じ込めていませんか?

治療の流れ

女医

うつ病と診断された場合には、専門の医療機関で治療する必要があるでしょう。治療には長い時間がかかってしまうので、焦らずにゆっくりと治療していくことが大切です。心や体の症状に注意しておくと、早期発見がしやすいと言われています。一般的にこの病気の治療は3つの段階に分けて行なわれるのです。万が一うつ病と診断された時のために、治療の流れを覚えておくことが大切でしょう。まず、最初の段階が急性期です。薬物治療と休養、そしてカウンセリングを行いながらうつ病を治療していきます。薬物治療によって苛々や不安が和らぎます。抑鬱状態も軽くなるでしょう。日常生活への興味も段々と戻ってくるので、体を動かすこともできるようになってきます。多少、趣味なども楽しめるようになるでしょう。急性期には、しっかりと治療を行なうために休養を十分に取ります。そのため、学校や仕事は完全に休む必要があるでしょう。人間関係などから生じるストレスが病気の原因となっている場合もあるので、ストレスから引き離すことが必要なのです。急性期の治療は一般的に1ヶ月から3ヶ月程の期間行ないます。場合によっては半年以上に及ぶこともあるでしょう。そして、急性期の次は、回復期という段階に入ります。回復期は症状が悪化したり、回復したりを繰り返すでしょう。三歩進み、二歩下がるようなイメージです。回復を焦ると余計に治療が進まなくなるので、落ち着いてゆっくり確実に治療を進めていきましょう。調子が良い時は気分が高揚し、もううつ病が治ったと勘違いする方も少なくありません。この場合、勝手に治療を中断してしまうこともあるので注意しましょう。完全に状態が安定するまでは、一旦元気になっても次の日には気分が落ち込んでしまうのです。勝手に治療を中断してしまうと、急性期に逆戻りしてしまう可能性もありますので気を付けましょう。また、回復期には希死念慮が現われることが多いと言われています。回復期には気力や体力も戻ってきているので、希死念慮が現われた時に突然行動を起こしてしまうことがあるのです。患者の様子をしっかりとチェックしておきましょう。完全に症状が治まり、状態が安定すると再発予防期に入ります。基本的に状態が安定してからも、1~2年程は薬物治療を続けるのです。うつ病は再発しやすい病気なので、健康な状態を維持し続けることが大切になるでしょう。医師の指示に従って病気の予防を行ないます。

心の変化

スーツの男性

うつ病の治療には早期発見がとても大切です。基本的に心の症状に気を付けておく必要があるでしょう。気分障害などが長期間続くと危険です。心の変化をしっかりと感じ取ることで、病気の早期発見ができます。

再発予防のために

笑顔のウーマン

うつ病はとても再発しやすい病気です。その為、再発予防に力を入れる必要があるでしょう。基本的に維持療法などを行ないながら病気の再発を予防します。ちょっとした症状にも気をつけるようにしましょう。

新型の特徴と対処法

男女

新型うつ病の患者が、近年急速に増えています。従来までのうつ病とは全く違った病気です。症状の特徴や対処法などについて学んでいきましょう。学ぶことで、患者に対して正しく接することができるようになるのです。

感情の解放

うなだれる人

怒りや悲しみなど、負の感情を抑制してしまうとうつ病になるリスクが高まります。病気の症状が出るまでに、感情を解放してあげましょう。コミュニケーションが苦手な方は専門の医療機関を頼るのがおすすめです。

抗うつ剤の種類

ハートを持つ人

うつ病治療には抗うつ剤が欠かせません。抗うつ剤にも様々な種類があります。また、副作用が出やすいのが特徴です。副作用の症状が出たら、すぐに医師へ報告するようにしましょう。