葉っぱ

再発予防のために

笑顔のウーマン

うつ病は再発しやすい病気です。治療した後も、再発予防に力を入れる必要があるでしょう。基本的に、再発予防には維持療法などが用いられます。健康状態を維持することで、病気が再発するリスクを減らすのです。維持療法には、薬剤が使用されます。症状が治った後も薬剤を服用し続けることで、病気の再発を予防するのです。基本的に状態が安定してから1年から2年程は薬物治療を続けるでしょう。長い場合だと、3年以上は薬物治療を続けます。それくらいうつ病は再発しやすい病気なのです。再発しやすいことをしっかりと自覚しておかなければ、有効な対策を取ることはできません。まずは、患者自身がうつ病は再発しやすい病気であることを自覚する必要があるでしょう。また、認知コントロールで再発を予防する方法もあります。思考パターンを変えることで、ストレスを軽減するのです。思考パターンによって、ストレスを感じやすくなることがあります。基本的に悩みを1人で抱え込んでしまうと、大きなストレスを感じるでしょう。何かあったときに、1人ではどうすることもできないと悩むのではなく、誰かに相談することを考えるようにするのです。誰かに助けてもらうことで、悩みを解消できる思考パターンを身に付けることが大切と言われています。1人で悩むことが多い方は、思考パターンを変えてみると良いでしょう。さらに、不眠には注意が必要です。ストレスが溜まってくると、睡眠障害が現れることが多いとされています。その為、不眠の症状が現われた特は、すぐに医師と相談するようにしましょう。また、寝付きが悪くなることもあります。夜中に目が覚めやすくなってきている場合は、知らないうちにストレスを溜めている可能性があるのです。ストレスは目に見えないものなので、いつの間にか蓄積されていることがあります。不眠や寝付きが悪くなるなどの症状には十分気をつけるようにしましょう。小さなことにも気付けるようになれば、病気の再発を予防することができるようになります。また、周囲の人間に協力してもらうことも大切です。できるだけ心に負担を掛けないようにすることがポイントでしょう。そして、うつ病の症状が出てきた時に、周囲の方に指摘してもらうと病気の再発を予防することが可能になります。