葉っぱ

心の変化

スーツの男性

うつ病の患者が増えてきています。うつ病の特徴として、症状を自覚しにくいことが挙げられるでしょう。特に心の症状は余計に自覚しにくいのです。一般的にこの病気になると、気分障害が起こります。感情障害とも言われており、健康な場合は嫌なことが起これば悲しみ、良いことが起これば喜ぶでしょう。人によって感情の変化や気持ちの動きは多少変わってきますが、ほとんどの場合、方向性は共通していると言えます。この病気にかかると、感情や気分に対する反応が違ってきます。自分で感情をコントロールすることが難しくなってしまうのです。しかし、風邪やインフルエンザなどにかかった時、気分障害を引き起こしてしまうことがあります。ただ、この場合はあくまで一過性の気分障害で、風邪やインフルエンザが治ると同時に気分障害も治まるのです。他の病気にかかっている場合は、敢えて気分障害に陥ることで余分なエネルギーの消費を抑えることができると言われています。より早く体調を回復させる為に感情を落ち着けるのです。また、うつ病を患った時に現れる気分障害は、一過性の気分障害とは違います。風邪やインフルエンザなどの場合とは違い、長期化してしまうのです。時間をおけば治るというものでもありません。仕事や学業のみならず、日常生活にも支障をきたしてしまうでしょう。そして、原因が分からないまま、症状は日を追うごとに悪化してしまうのです。そして、次に有名な症状が意欲や思考力の低下でしょう。意欲が低下してしまうことで、食事などを取らなくなってしまいます。お腹が空いたと思っても、意欲がないと食事を取るという行動が起こせないのです。次第に、様々なことに興味や関心も持てなくなってしまいます。趣味や仕事などが楽しめなくなるのです。また、思考力が低下すると物事を決定することができなくなります。この症状が出てくると自分で判断して行動することができなくなるので、病院で診断してもらおうと考えることもままならなくなるでしょう。また、思考力が低下することで思考を止めることもできなくなってしまいます。うつ病の方は妄想に陥りやすいのですが、思考力の低下が原因とされているのです。特に、罪業妄想や心気妄想などが多くなります。心の症状に注意しておきましょう。