葉っぱ

抗うつ剤の種類

ハートを持つ人

うつ病治療には、抗うつ剤が使用されます。症状を抑える効果が期待できるでしょう。病気の再発にも役立ちます。今回は抗うつ剤について勉強していきましょう。抗うつ剤は脳の機能を回復させる為に使用されます。うつ病の症状として、意欲の低下や思考力の低下が挙げられるでしょう。これらは、脳が異常をきたしているのが原因なのです。気分が落ち込んだりするのは、神経伝達系のバランスが崩れているからとされています。つまり抗うつ剤は心の症状をどうにかするための薬剤ではなく、脳の状態を正常に戻す役割りを担っているのです。抗うつ剤の種類はいくつかあります。基本的に神経伝達系に作用する効果が期待できるでしょう。有名なのが三環系です。三環系は高い効果が期待できますが、副作用も大きいといった特徴があるのです。現在では、重度のうつ病以外ではあまり使用されません。四環系の抗うつ剤を使用して様子を見るのです。効果を確かめてから、抗うつ剤の種類を変えていきます。症状や患者によって組み合わせ方が変わってくるので、どれが一番効果的だとは一概には言えないのです。また、SSRIやSNRI、NaSSAなどの抗うつ剤もあります。比較的新しいタイプの抗うつ剤と言えるでしょう。抗うつ剤の副作用としては、口腔内の渇きや便秘、頭痛や胃腸障害などが挙げられます。眠気や不眠などの症状も現れることがあるので、副作用が出た場合は医師に報告しておきましょう。医師は患者の様子などを見ながら抗うつ剤の組み合わせ方を変えてくれるはずです。抗うつ剤の服用期間についても患者によって変わってきます。うつ病が治ってからも、再発予防の為に薬物治療を続ける場合があります。通常であれば1年から2年程抗うつ剤による予防を続けます。ただ、場合によっては5年以上も抗うつ剤による予防を続けることもあるのです。抗うつ剤の服用に関しては医師が指示します。勝手に服用を止めたりしないように気を付けましょう。一般的に個人で勝手に判断して抗うつ剤の服用を止めてしまうと、うつ病が再発しやすくなると言われています。病気の予防をしっかりと行なうなら、医師の指示に従う必要があるのです。また、抗うつ剤は服用して最初の頃に副作用が出やすい傾向にあります。最初の内は様子を見ながら薬物治療を続けましょう。